カラコン度ありキャンマジ

キャンマジとディファインのサイズの違い

 

サイズを比較してみよ!

王道カラコンのキャンディーマジックのサイズを、ディファインと比較してみました。

 

結論、もちろんキャンディーマジックシリーズがディファインより大きいのでデカ目効果あります!

 

まず、大きさを知りたい時にどこをチェックすればいいのか、という点ですが、これ実はちゃんと知らなかったり、誤った認識の人も多いんです。

 

カラコンのサイトなどに表記されている、DIAというものは、レンズ自体のサイズのことで、色のついてないところも含みます。着色直径という表記が、文字通り、レンズの中の、色のついている範囲の直径のサイズのことです。

 

ですので、そのカラコンがどれだけ自分の瞳を大きく見せてくれるか、の正確な数字は着色直径が重要です。ただ、サイトやパッケージによって、着色直径が必ず書いてあるとは限らず、DIAがサイズとして表示されていることが多いです。まあ、基本的には、DIAが大きければ大きいほど、着色直径も大きくなりますが。

 

キャンディーマジックとディファイン、それぞれのサイズ

それでは、キャンディーマジックとディファイン、それぞれのサイズです。

 

ディファイン

DIA:14.2 着色直径:12.5〜12.8

 

キャンディーマジック

DIA:14.5 着色直径:13.7(ワンデー:13.8)
※新商品としてプレミアムシリーズから14ミリサイズも出ています。
DIA:14 着色直径:13.4

 

 

上記から分かる通り、DIA自体はそこまで変わらない気もしますが、着色直径が1ミリ以上変わります!!

 

カラコンの1ミリの差は大きいです。しかも、DIAが14ミリのキャンディーマジックプレミアムの方が、DIA14.2ミリのディファインよりも、瞳が大きく見えるということです。

 

ディファインに限らず、眼科で販売しているカラコンは、やはりキャンディーマジックなどの眼科で販売していないものに比べ、どうしても小さくなってしまいますね。

 

キャンディーマジック一覧ページへ